サプリのイラストと野菜

新しい療法

フコキサンチンとマグジサリシレート

フコイダン療法とは、がん細胞をアポトーシスに導く作用があるフコイダンを、健康食品によって摂取するという治療方法です。 従来のフコイダン療法では、単にフコイダンが摂取されていましたが、昨今ではフコキサンチンの含有量の多いフコイダンが摂取されるようになっています。フコキサンチンはフコイダンに含まれている物質で、これにこそがん細胞をアポトーシスに導く作用があるのです。 また、フコイダンにはマグジサリシレートという物質も含まれていて、これにはがん細胞が栄養分の供給のために新しい血管を作り出すことを阻害する作用があります。これもやはりがん細胞を増やさないようにするためには有効なので、フコイダン療法では積極的に摂取されています。

副作用や再発を抑えるという特徴

フコイダン療法によって、がん細胞の増殖が食い止められたり、その数自体が減っていったりします。そのため他の方法でのがん治療を、それほど多くおこなわなくても済むようになります。たとえば抗がん剤の投与の期間が短くなったり、放射線治療の回数が少なくなったりするのです。 抗がん剤も放射線も、がん治療においては非常に高い効果をもたらすのですが、同時に副作用も生じさせます。しかしその期間や回数を少なくすることができるフコイダン療法により、副作用のリスクは少なくなっていくのです。 さらにフコイダン療法には、がんが完治した後にも続けることができるという特徴があります。完治した後もフコイダンの摂取を続けることで、がん細胞が再び増殖し始めることを阻止しやすくなるのです。

Copyright ©2015 健康食品で健康生活|野菜のチカラで綺麗な身体作り All Rights Reserved.

Design by Web Hub.